I×illustration

イラストレーターまるのブログ

クリエイターEXPO2016を終えて

ご報告遅れてしまいましたが、

クリエイターエキスポ2016、ブースを見ていただいた方、お話させていただいた皆様、大変ありがとうございました。

 

 

当日は、この様に展示しました。

写真はでの左右は一応加工で消しました。(勝手に載せるのはよくないかなと思いまして。)

その代わりに左右にキャラクター配置しました。お気に入りのオリジナルキャラクター、彼と彼女です。 (LINEスタンプ-彼と彼女は吸血鬼)

 

f:id:maaruu:20160706205106j:plain

 

 

 

 

エキスポは何かを販売する場ではなく、商談をする場であり、あまり慣れないことに、始まる前は毎日緊張していました。ですが、3日間でこんなに多くの企業の方と直接お話をさせていただけるチャンスはあまりないので、周りの雰囲気を見ていると楽しい気持ちにもなりました。

 

私は学生の時、個人的に先生に招待券をいただいたことをきっかけに、見る側として回ったことが1度だけあるのですが、その時は周りの雰囲気が凄くて、正直飲み込まれてしまいました。ですが、その時の経験は無駄ではなかったと思っていて、多分その気持ちも後押しをしてくれて、商談では、楽しくお話をすることが出来たのではないかと思います。

結果的には、チラシや名刺を受け取ってくださる方や、ポートフォリオを見てくださった方のコメントが凄く嬉しくて、参加してよかったなぁと思いました。
又、"即売会や展示会とは別"、という志で参加したので、全く別の考えの"商談"をする行動への気持ちの振り方が3日間で知れたことや体感したことが多く、よかったです。

 

そして、これは活動を続けていくにあたって、改めて感じたことですが、ご縁は大事なものであること。クライアント様のお話をたくさん聞くことができたのが、とても楽しかったです。ありがとうございます。

現実面の話では、学生卒業のあたりから考えていたことですが、無償活動はしないこと。無償でやったりなどではエキスポに来た意味がないのです。制作にあたって、熱意はもちろんですが、お金が発生するからそれなりのものが出来上がる、私はそう思います。私が見ていて、これは凄い!と思うものは、制作チームのチームワークがいいだけではなく、これを作るのに、お金が凄くかかってるんだろうなぁ!すごいなぁ!も、見てると分かります。制作者のこだわりのある作品は、なんだか輝いて見えるのです。超不思議です。 なので、無償でやってください、は、頼む上でまずありえない。多分そこには気持ちはないんだろうなぁとゲンナリしてしまう。作るなら、快く、楽しく、作りたいものです。趣味絵はまた別の話になりますが。

 

私は、もっともっと、人のためになるような絵も描いていきたいと思っています。エキスポへ出て、商談席へ座ってくださったかたへ自分が出来ることを伝える行動をし、何ができるのか、何がしたいのか、どんなお仕事が求められてそれに応えられる絵はどれになるのか、が、明確になってきたかなと思います。

3日間、緊張と楽しさとの混在だったからこそ、いい刺激で物事を知ることができました。お話させていただいた方には本当に感謝しています。
来年の参加は未だ予定していませんが、だからこそこの3日間で出来ることを、と考え、自分へプレッシャーをかけて頑張れたと思います。
本当にありがとうございます。

 

これからも自分ができることから、専心していきます!

がんばろう。

 

広告を非表示にする
copyright©2017 maru.All Rights Reserved.